日記

大会の反省を主に。

DM限定構築まとめ

 先日行われたエリア代表決定戦の南関東大会に参加してきました。それにあたって色々と準備をしてきたのでその際触ったデッキに対しての雑感を。今後エリア代表決定戦に出る人の参考になれば幸いです。

・グラスパー系

 店舗予選ではアナカラー、エリア代表決定戦ではシータカラー(赤緑t青)グラスパー、ネクラグラスパーが南関東大会が始まるまでによく見受けられたタイプだと思います。この他にも黒緑、赤抜き4cなど様々なグラスパーがありますが、グラスパーというデッキタイプは大まかに2つに分けられると考えています。青入りかどうか、もっと言えばシャコガイルが入っているかどうかです。

 シャコガイルが登場する前のグラスパーはいくら強固な盤面を作れたとしても盾のスパーク1枚で返されてしまうというゲーム展開が少なくありませんでした。しかしシャコガイルの登場によりただ殴らずともただ待つだけで勝つことが出来ます。(最近登場したオブシディアDG、護法により盾を追加するというシンプルな返しのケアすることが出来るようになり、殴ることに対するリスクを以前より軽減出来ているのは事実)また、グラスパーミラーで起こりがちなグラスパーキャスト→返しに除去の繰り返す展開において従来のグラスパーでは4枚ずつしかお互い使えなかったグラスパーをシャコガイルを採用することによって実質的なグラスパーの枚数でシャコガイルを採用していない同系に差をつけつつ、シャコガイルにヘイトを向けることが出来ます。

 しかしシャコガイルを採用するグラスパーはシャコガイルを採用していないグラスパーと比べて受けが薄くなることが多々あります。本来受けに割いていた枠にシャコガイルを採用することになるからです。シャコガイルを採用しつつ受けを既存レベルかそれ以上に引き上げるには3枠ないしは4枠割かれているムカデをいっそ抜く、つまり黒ではなく別な色を3色目に用いれば良いのでは?という経緯で開発されたのがシータグラスパーや南関東大会で見られたトリーヴァグラスパーだと考察しています。(赤を採用しブロックキングで蓋をするか、光の強い受けを採用するかの違い)

 

ビートジョッキー

 非常に強力なアーキタイプであるということは言うまでもないと思います。ただブランドやガンブルマンを投げつけるだけでも勝てることは確かですが、殴り方を工夫することでさらに勝率を上げることが出来ます。その最たる例がグラスパー対面だと思います。ネクラグラスパー対ビートジョッキーという対面を調整するにあたって何回もやったのですが、ネクラグラスパーが勝ち越すような結果出ていました。南関東大会前日の調整でグラスパー対面は貯めると勝てると教えてもらい、試すと目に見えて勝率が変わりました。盾を迂闊に刻みに行くことによりライフやデパーチャを踏んでしまい相手のマナが伸びてしまいこちらの後続を手札から阻害されたり、盾から有効札(ムカデ等)を拾われていたからです。ビートジョッキーはバッドブランド、ダチッコチュリスにより一気に打点を伸ばすことが出来るので刻まなくても十分に相手を倒すことが出来ます。この貯める動きを取る際に便利なのがノイジーです。場に2打点を置きつつ、手札を増やすことが出来る。盾を削ることによりワンチャンのカウンターの機会を逃してしまうのでは?と思われるかもしれません。ですがそもそも殴ってこないグラスパー、殴ってくるグラスパーも盾を増やしつつ殴ってくるのが当たり前の環境でカウンターに期待するのは賢い選択肢とは思えません。

 またビートジョッキー同系ではブランドを大切に扱うことが重要です。同系において相手のブランドを処理する方法はこちらのブランドをぶつけるか、盾のハードラック以外存在しない上に、ブランドが場に残ると後続が全てSAになるので打点を揃えやすくなります。相手のスパークをケアするためにブランドで突っ込んでも後続がなければ意味がありません。スパークで耐えたとしても2枚目のブランドがあるとは限りません。落ち着いて相手のボードを処理しつつ裏目を考えながら打点を揃えて殴りましょう。そこから先は盾の勝負です。

 ビートジョッキーと対面した際に特に気を付けるべきカードはボーダーです。4000未満のクリーチャーを迂闊に寝かせるとボーダー1枚に盤面を取られる可能性があるので注意が必要です。例えば、ネクラグラスパーを使っていて、いざ盾を殴るときに返しをケアするためにグラスパーの効果でマナの解体を出し、手札からいくら有効札を抜いたとしてもスパーク1枚踏むと返しの1枚のボーダーが解体に殴る起きる1ブレイク、護法に殴る起きる1ブレイク・・・と繰り返されダイレクトなんてことが起きるわけです。似たようなケースは白単メタリカを使う際にも起きることがあるので注意しましょう(メタリカの場合はアタック先変更能力でケア出来ます)

緑抜きハンデス系コントロール

 ヘモグロ+カルナック、改造治療院、解体人形ジェニーでハンデスしつつムカデ等で盤面を取り制圧していくデッキ。私が調整の際手を出したのは白黒と赤黒です。白黒はフィニッシュにマルハ+護法を採用、赤黒はフィニッシュにジョルジュバタイユを採用して回していました。白黒は先攻かつ防鎧を引ければビートジョッキーに何とか・・・赤黒は盾次第といった感じで試行錯誤しましたが不安要素が残り最終的には没になりました。

 このタイプのデッキ全般に言える欠点として1度着地した相手のムカデをどかす手段が存在しないことです。ハンデスしきれずこちらの盤面が整う前に出てきたムカデに毎ターン殴られて処理に追われているあいだに第2のムカデやグラスパー等が着地して負けるパターンがありました。緑を取っていない以上仕方ないことではあるので何かしら対策を取っておくべきだと思います。(白黒ならフリーズなど)

ジョーカーズ

 メラビートがら大型を踏み倒しワンショットを決めるデッキ。前述したように貯められる動きに弱いグラスパーに対して有利がついています。反面、ビートジョッキーに対しては盾で何とか間に合わせコンボを決めスパークがないことを祈るような勝負になってしまうので基本的に不利です。

白単メタリカ

 通常構築でも活躍しているクリスタ、バーナインを生かしつつ展開しマルハヴァン+不動を揃え殴りきるデッキ。グラスパーに対してはビートダウンし、マルハヴァン+不動で〆という展開を取ることにより有利がついています。天敵であるキラードンもマルハヴァンである程度ケア出来ます。ビートジョッキーに対しては先攻で3t防鎧を立て、相手が展開してくる前に走りきろうにも迂闊に殴りに行くとボーダーに返されたり、ハエタタキで防鎧が倒されてしまうので不利です。

 

 私はエリア代表決定戦当日はミラーに重きを置いたビートジョッキーを使いました。予選6回戦中3回ビートジョッキーに当たったのでデッキ選択は間違ってなかったと思っていますが悔しさも残る結果となりました。これからエリアを控えている人たちには悔いの残らないような戦いをして貰えればと思います。

 

緑t白チェイングラスパー

最近使ってたチェイングラスパーについてまとめておこうかなと思ったので久々に。

 

デッキリスト
4 x 連鎖類超連鎖目 チェインレックス
4 x グレート・グラスパー
4 x 剛撃古龍 テラネスク
4 x トレジャー・マップ
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 古龍遺跡エウル=ブッカ
3 x 桜風妖精ステップル
2 x 恐・龍覇 サソリスレイジ
2 x 幻影 ミスキュー
2 x 掘師の銀
2 x 革命目 ギョギョウ
2 x 大地の超人
1 x 霊騎ラグマール
1 x フェアリー・ギフト
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 恐龍界樹 ジュダイオウ/恐・古代王 サウザールピオ
1 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
1 x 卵殻塊 ジュラピル/生誕神秘 ル=ピラッジュ/成長類石塊目 ジュランクルーガ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍芭扇 ファンパイ/龍脈空船 トンナンシャーペ/亜空艦 ダイスーシドラ
1 x 龍棍棒 トゲトプス/多角類衝撃目 ブッツブ・トプス
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

採用理由

説明の必要のないカードは省略

トレマ4・ジャスミン4・ステップル3の配分について

初期のチェイングラスパーにはトレマが採用されておらず、ジャスミン4、ステップル4のリストが出回っていたが関西でトレマ入りのリストが話題になってからこの配分がメインになっていったと記憶している。暫くの間トレマとステップルの枚数配分を逆にして回していた。理由としては10マナまで基本的に到達させることが求められるデッキにおいて2コス初動を減らす理由が無かったからだ。しかし数をこなしていくうちに中盤の動きを引き込めないというケースが無視できない回数発生していたため、トレマを4に増量し、中盤の動きを安定させることにした。

大地の超人2

チヒロ君のアイディアで投入。読まれにくく、メインの受け札が呪文なのでラフルルを添えて走ってきたバスターのジャスキルを止めたり、ループパーツとしても使える札。

エウル4+大地の超人2+ハヤブサマル1=7枚で雑なハトバやバスターウララーは受け止められる枚数受け札が取れているはずだ。

ミスキュー2

最近入ってないリストが多く見受けられる。おそらく不確定要素が多いのでそこを嫌ってのものだと推測しているが、アグロ系のデッキに早く走りこまれたときなど追い詰められた時にチャンスを作れるカードであり、ミスキューループでデッキ内の足りないパーツを全て持ってこられるのが非常に優秀なので採用している。

トゲトプス1

自由枠。ボアロ、ブラックロ、グリーネ、ディスカルドが選択肢になるかと。

墓地回収を採用していないのでループルートが広がるようにトゲトプスを採用しているが1度も使っていないのでまだまだ詰められる枠である。

採用を見送ったカード

墓地回収枠(クリクリor再誕の祈)

墓地回収以上に欲しい札が多かったので採用を見送り。もし投入するなら1枠割いて再誕の祈。

プチョヘンザ

マナカーブ通りにきっちり動くデッキなので多色は極力採用したくない札であり、また盤面ゼロからいきなりプチョを投げるにはステップル+ギョギョウ+プチョと要求値が高いので採用を見送り。アグロ系がかなり多い環境であるなら一考の余地あり。(そもそもそんなにアグロが多い環境で使うべきデッキではない気もするが)

 

ループ等は他の人がまとめているので省略。自分用のメモみたいなものだしね。

質問等あればいつでもお答えします。大地の超人の案と触り始める時に基本的なことを教えてくれたチヒロ君に感謝。

 

キキカイワイ

 キキカイカイ別に使ったことある訳じゃないしそこまで好きなわけでもないのだけれど。

 ひっそりと書くにはいいタイミングかなあと思って最近思ってたことを。

  • CSの話
 CSの話と言っても環境が〇〇だから~とかじゃなくて人の話。運営の話聞かないとか臭いとかは昔から言われ続けてるし直すべきだと思うけど最近イカサマって単語が出てきて戦慄した。率直に言って怖い。見てる分にはふざけるなとか呆れるみたいな感情を抱きがちだけれどいざ対面でやられたことを思うとどうしたらいいのか分からなくなってしまいそうだしもしかしたら自分の見間違いなのかもしれないとか思ってしまって萎縮してしまいそうだ。ちゃんと指摘できるような人間でありたいとは思う。最近開催側の方の問題で炎上している件もあったがCSを運営する立場になったことがないのでノーコメント。
  • 界隈全体の話
 転売とかシャークとか昔からあった話だけどメルカリとSNSの普及で加速してるなーと。6桁以上のお金を動かしていそうな年下もいて・・・賭け事をやっている人達もいるみたいだけどこれに関しては身内で留めてくれとだけ。Twitterで仄めかすような内容見るとほんと怖い。
 
まとめ
色々今は怖い Twitter垢消すかCS行くのやめるかその内考えることになる前にいい方向に向かうといいなあと。 
 
 
気が向いたら構築云々の話(理論対感覚、テンプレートとデッキの本質)みたいなこと書きたいな

久々にCS行った

久々と言っても1ヵ月振りぐらいだけど。
使ったのは俗に言うHZM47で3‐2予選落ちで特に面白みもない内容。
初めてブルーホースCSに行ったのだけど店舗が会場のCSで100人超って普通中々できない上にまとまらないと思うのだけどテキパキと手際良く進行していて本当に凄いと思った。ドリンクバーと駄菓子バーもなんか無法地帯になってそうだなーとか思っていたけどある程度しっかりしていたなあって(まあそれでも持ち帰りとかそういうのは絶えないのだろうけれど)空調が漏電かなんかで効かなくなったトラブルに対しても冷静に対処していた。また行ってみたいなあ。
もう少しみんな運営の言うこと聞いてほしいなとは思ったけどまあそのへんは参加者側の問題なので

たまにはこういうレポもいいのかな(結果残せないから上に使うデッキも周知されているからこんな書き方しか出来ない)

アニメあんまり見なくなった話

僕もオタクなので人並みにはアニメを見る。
多分1番見ていたのは中3~高校生の時だったはず。録画して深夜とか夕方とか見ていたり、名作!とか神!とかネットとかで言われている少し昔の作品を一気に見たりとかしていた。
高3になって進路関係で色々忙しくなりアニメを見る機会が減り、色々片付いたらまた見ようとか思いつつ1年過ごし進学。1人暮らしが始まり誰にも咎められることも無くなりいざアニメまた見ようと思い見始めるがまあ続かない。1クール2~3作品が限界でその作品も大体が2期とか3期とかそんなんばっかりである。
どうしてこうなったのか色々考えてみた。まずアニメ以外の趣味に入れ込んでいるから、具体的にはTCGとゲーム、読書である。ほかの趣味に時間を割いているからアニメたくさん見れなくなった。まあ至極全うな理由であるが、ゲームは始めたら余程詰まない限り最後まで一気にやるタイプだし、TCGに平日含めて毎日触れていられる環境に置かれているわけでも無くアニメを見る時間はいくらでもあるのだ。つまり別に理由がある。
色々考えてみたのだが新しくアニメを取り入れる体力が無くなってしまったという結論を出した。
新しくというのは暇な時にぼーっと昔見たアニメを振り返ることが少なからずあったからだ。昔見たアニメは見るのに新しいアニメは見ない、つまり新しくアニメを取り入れる体力が無くなったということである。
では何故新しくアニメを取り入れることが出来なくなってしまったのか。中高生の時には少なからずアニメを見るという行為そのものに意味を感じていた面があったからだと思う。まあいっぱいアニメ見てるぜ俺〜みたいな感じで有り体に言えばイキリたかったのだろう。そんなことも無くなった今、自分の興味関心のあるもの以外を見る必要がない。元々趣味なのだから興味関心に寄り添うのが当然と言えば当然である。
こう考えてみると今の方が正しい付き合い方をしているなあと思う。昔のアニメをふら〜っと振り返る行為は思い出を振り返る行為でもあるのでは無いだろうか。世間的な評価(ここでの世間的というのはオタク界隈での)が低い作品だろうがなんだろうが振り返りたくなる。思い出補正ってやつだ。思い出補正であっても見返したくなるもんは見返したくなるし好きなもんは好きなのである。
色々言ってきたけど見たい新作アニメはそれなりにあることはあるので体力が持つ範囲で言い換えれば飽きない範囲で楽しみたいと思う。










アニメを見た数でイキらなくなってもこんな文章を長々と書いている時点で根本的な部分ではまだまだイキリオタクだよね()

たまにはね

またぼちぼち更新したいなあとか
テキトーに普段考えていること書こうと思います

GP4th振り返り

当日までの経緯

 武州CSが終わりGP付近まで大きな大会に出る機会が無くなったので必然的にGPのデッキを考えることに。ジョーカーズとかいうやべえのが来てるらしいとかジャックとステップルを使うと実質メンデルスゾーンになるとか新弾の情報を聞きつつ考えていた。ステップル入りのサソリスループとか鎖風車ループとか野菜型の猿ループとかサザンとかバイクなんかを中心に持っているデッキをいじりつつ毎週のCSの結果を見て入賞したNEXTのリストを見て一喜一憂していた。そんなこんなで新学期になりGPまであと2週間を切った。流石にデッキを決めなければならない。サザンはプレイが甘いのとGPの地雷に轢かれそうなので没。バイクはドロマーが来ているのとセンノーで詰みかねないので没。そうなると緑のデッキを使うしかない。ここで候補になったのは2つの緑のデッキだった。

緑単サソリス(受けマシマシ)

f:id:agehanto:20170418225711p:plain

猿ループ(ループ特化)

f:id:agehanto:20170418230134p:plain

とりあえず週末身内の家でやる予定の調整会にこの辺を持ち込んだ。リスの方はジョーカーズとNEXTは取れるがNEXTに閣でぶれられるとどうしようもなくなったり、ループ系にはただボコられるしかなかった。猿の方はNEXTを狩りに来た遅いデッキには有利がついていたがNEXT微不利、バスター系に不利という結果だった。ここで近日のCSの結果をもう一度振り返るとNEXTが母数の4分の1を占めている一方ジョーカーズはさほど母数としては多くない。つまりNEXTに強く出れる猿が理想なのではないかと考え、とりあえず受けてナッツから一気にループに入れるように巨石を採用してGP前日のアニチュCSに行くことにした。(上記リストのオチャ1、ゴーヤマ1、ナッツ1を巨石にして出場)

アニチュCS

予選 1回戦赤白バイク〇

   2回戦赤白バイク〇

   3回戦霊峰剣(もすギス君)×

   4回戦霊峰剣×

   5回戦ジャックライヤループ(チヒロ君)〇

本選

   1回戦ドロマーロージアダンテ×

有利対面のロージアダンテに負けて終わる悔しい結果となった。明日はGPなのでとりあえず最終調整のためサブトに出ずにさっさと友人宅へ帰宅。その途中しあさんの回していた猿ループが強そうだという話になる。サンナップとヤドック入りでサソリスも入っていたという。とりあえず試してみようという話になり見たり聞いたりしたところからリストを想定して48枚再現した。当然ループ方法も知らないわけなのでその場で作り、いざNEXTとやってみると3tにヤドック着地させて刻むだけで勝つ試合が少なくなく、受けるのではなく走られる前に走り切るのでバトライにアバレられたり、ハトバ+バスタージアースされたりという心配もない。これはこっちの方が良いのでは?ということになり、友人と2人で急遽GPに持ち込むことに。

f:id:agehanto:20170418232232j:plain

数時間しかなかったためかなり粗削りなリストになってしまったがデッキのポテンシャルを信じてGO

GP4th

1回戦5cバスター〇

ヤドックで遅延してループして勝ち。

2回戦3kill剣〇

斜め前に〇っち店長いるなーとか思ってたら対面も店長よろしく3kil剣。ジャンケン負けて死を悟ったが3tに走られなくてヤドックが間に合い後は見えていたボルドギケアして殴って勝ち。

3回戦バキ〇

ループして勝ち。

4回戦ネクスト〇

じゃん勝ちステップルナップヤドックで刻んで勝ち。

5回戦ネクスト×

ジャン負けメンデル2ブ―ストスクチェンNEXT閣で死。

6回戦カウンターNEXT王〇

お互い初動がなくゆっくりとした展開だったがエウルの龍解に成功しループに入って勝ち。

7回戦墓地退化〇

ジャーベルでハヤブサ回収して相手が攻めあぐねてるところでエウル龍解させてループして勝ち。

8回戦ジョーカーズ〇

初手ジャックステップルマリニャンヤドックアラゴトで先攻4tループして勝ち。

本選

1回戦ネクスト〇

じゃん負けしたが相手がメンデル2スカしたのでいつも通りヤドック添えて殴って勝ち。

2回戦鎖風車ループ(ハザマさん)〇

じゃん勝ちしてボードの有利を保ち先に6点で走って勝ち。

3回戦鎖風車ループ(ロマサイさん)×

じゃん負けしたが相手の展開が弱かったのでワンチャンあると思ってナップ構えて次のターン巨石等ケアして殴ろーと思ったら先攻4tにナッツナッツゴエモンキーでループされて負け。

ベスト32でしたー。ジャッジ取れて素直にうれしいです。5thの優先参加権も取れたので行けたらいこうかなーと思います。

調整した身内と対戦相手、運営とジャッジの方々ありがとうございました。