日記

大会の反省を主に。

緑t白チェイングラスパー

最近使ってたチェイングラスパーについてまとめておこうかなと思ったので久々に。

 

デッキリスト
4 x 連鎖類超連鎖目 チェインレックス
4 x グレート・グラスパー
4 x 剛撃古龍 テラネスク
4 x トレジャー・マップ
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 古龍遺跡エウル=ブッカ
3 x 桜風妖精ステップル
2 x 恐・龍覇 サソリスレイジ
2 x 幻影 ミスキュー
2 x 掘師の銀
2 x 革命目 ギョギョウ
2 x 大地の超人
1 x 霊騎ラグマール
1 x フェアリー・ギフト
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 恐龍界樹 ジュダイオウ/恐・古代王 サウザールピオ
1 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
1 x 卵殻塊 ジュラピル/生誕神秘 ル=ピラッジュ/成長類石塊目 ジュランクルーガ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍芭扇 ファンパイ/龍脈空船 トンナンシャーペ/亜空艦 ダイスーシドラ
1 x 龍棍棒 トゲトプス/多角類衝撃目 ブッツブ・トプス
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

採用理由

説明の必要のないカードは省略

トレマ4・ジャスミン4・ステップル3の配分について

初期のチェイングラスパーにはトレマが採用されておらず、ジャスミン4、ステップル4のリストが出回っていたが関西でトレマ入りのリストが話題になってからこの配分がメインになっていったと記憶している。暫くの間トレマとステップルの枚数配分を逆にして回していた。理由としては10マナまで基本的に到達させることが求められるデッキにおいて2コス初動を減らす理由が無かったからだ。しかし数をこなしていくうちに中盤の動きを引き込めないというケースが無視できない回数発生していたため、トレマを4に増量し、中盤の動きを安定させることにした。

大地の超人2

チヒロ君のアイディアで投入。読まれにくく、メインの受け札が呪文なのでラフルルを添えて走ってきたバスターのジャスキルを止めたり、ループパーツとしても使える札。

エウル4+大地の超人2+ハヤブサマル1=7枚で雑なハトバやバスターウララーは受け止められる枚数受け札が取れているはずだ。

ミスキュー2

最近入ってないリストが多く見受けられる。おそらく不確定要素が多いのでそこを嫌ってのものだと推測しているが、アグロ系のデッキに早く走りこまれたときなど追い詰められた時にチャンスを作れるカードであり、ミスキューループでデッキ内の足りないパーツを全て持ってこられるのが非常に優秀なので採用している。

トゲトプス1

自由枠。ボアロ、ブラックロ、グリーネ、ディスカルドが選択肢になるかと。

墓地回収を採用していないのでループルートが広がるようにトゲトプスを採用しているが1度も使っていないのでまだまだ詰められる枠である。

採用を見送ったカード

墓地回収枠(クリクリor再誕の祈)

墓地回収以上に欲しい札が多かったので採用を見送り。もし投入するなら1枠割いて再誕の祈。

プチョヘンザ

マナカーブ通りにきっちり動くデッキなので多色は極力採用したくない札であり、また盤面ゼロからいきなりプチョを投げるにはステップル+ギョギョウ+プチョと要求値が高いので採用を見送り。アグロ系がかなり多い環境であるなら一考の余地あり。(そもそもそんなにアグロが多い環境で使うべきデッキではない気もするが)

 

ループ等は他の人がまとめているので省略。自分用のメモみたいなものだしね。

質問等あればいつでもお答えします。大地の超人の案と触り始める時に基本的なことを教えてくれたチヒロ君に感謝。